Contents‎ > ‎

Review etc.

Last update 2017/04/15
 

2016

新間秀一,竹尾映美,福崎英一郎
分析化学,第65巻,12号,p745-750(2016)

新間秀一,角倉早紀,安田優太郎,竹尾映美,福崎英一郎
表面科学,第37巻,12号,p593-598(2016)

福崎英一郎
生物工学会誌,第94巻,第12号,p779-783 (2016)

傳寳雄大,福崎英一郎
日本薬学会構造活性相関部会・ニュースレター(1 October, 2016) SAR News No.31 (Oct. 2016) p1-8

73) メタボロミクス技術の食品機能解析への応用
福崎英一郎
G. I. Research 2016年8月号 (Vol. 24, No.4), p253-259

福崎英一郎
生物工学会誌,vol.94, no.5, 230-236 (2016)

71) メタボローム解析の現状と新規分析技術の開発
中谷航太,和泉自泰,福崎英一郎,馬場健史
G. I. Research, vol.24, no.4, 228-233 (2016)

70) メタボロミクス技術を用いた清酒の成分プロファイリングと品質評価
三村奈津紀,磯谷敦子,岩下和裕,福崎英一郎
バイオサイエンスとインダストリー,vol.74, No. 4, 293-297 (2016)


2015

69) 「ガスクロマトグラフィー/質量分析による味噌のメタボローム解析(2)味噌の香りに関する官能特性表現用語の抽出」
楠本憲一, 山本慎也, 原田里紗, 小川由高, 加藤妙子, 中野京子, 馬場健史, 福崎英一郎
中央味噌研究所研究報告 (Report of Central Miso Research Institute )(36), 34-38, (2015)

68) メタボロミクスの高解像度表現型解析への応用
福崎英一郎
大阪大学工学研究科
臨床病理 63(6): 736 -745 2015

67)「メタボロミクスの食品機能解析への応用」
福崎英一郎
(Bio Industry(CMC出版) 2015年10月号 特集 フードメタボロミクス最前線);Bio Industgry(CMC出版),2015年10号,vol 32, No. 10  p46-53 (2015) 

66) 「生命科学発展のためのメタボロミクス技術基盤の構築」
津川裕司,福崎英一郎
遺伝,69巻,1号,p52-57 (2015)


2014

山本慎也,福崎英一郎
生物工学会誌,第92巻,12号,665-668 (2014)

64) 超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析のメタボロミクスへの応用
田口歌織,福崎英一郎,馬場健史
化学と生物,52巻,10号,693-698 (2014)

63) Supercritical fluid chromatography/mass spectrometry in metabolite analysis.
Taguchi K, Fukusaki E, Bamba T.
Bioanalysis. 2014 Jun;6(12):1679-89. doi: 10.4155/bio.14.120.

62) 超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた脂質プロファイリング
竹田浩章,福崎英一郎,馬場健史
JSBMS Letters, vol.39, no.2, 26-34 (2014)

61) 網羅的解析で何がわかるのか? 「メタボロミクスを有効活用するためには~メタボロミクスの実用技術と運用方法~」
馬場健史,福崎英一郎
化学と工業,67巻2号,125頁-127頁 (2014)



2013

60) メタボロミクス技術の食品機能解析への応用
福崎英一郎,山本慎也
食品と開発, vol.48, no.11, 13-15 (2013) 
角田省二,長澤由美子,福崎英一郎
生物工学会誌,vol91, no2, 133-136 (2013)
  
58) 生物工学講座バイオよもやま話「質量分析データの正しい見方しってますか?」
山本慎也,中山泰宗,福崎英一郎
生物工学会誌,vol91, no3, 101-104 (2013)
  
57) 
Current metabolomics: Technological advances.
Putri SP, Yamamoto S, Tsugawa H, Fukusaki E.
J Biosci Bioeng. 2013 Jul;116(1):9-16. doi: 10.1016/j.jbiosc.2013.01.004. Epub 2013 Mar 7.


56)「メタボローム解析に基づくチーズ品質評価技術の開発」
越智浩,福崎英一郎
バイオサイエンスとインダストリー,vol71, no2, 153-154 (2013)

55) 
Current metabolomics: Practical applications.
Putri SP, Nakayama Y, Matsuda F, Uchikata T, Kobayashi S, Matsubara A, Fukusaki E.
J Biosci Bioeng. 2013 Jun;115(6):579-89. doi: 10.1016/j.jbiosc.2012.12.007. Epub 2013 Jan 29.

 

 

2012

54) 
Application of supercritical fluid carbon dioxide to the extraction and analysis of lipids.
Lee JW, Fukusaki E, Bamba T.
Bioanalysis. 2012 Oct;4(19):2413-22. doi: 10.4155/bio.12.198.
PMID: 23088467 [PubMed - in process]

53) 
Metabolic profiling of lipids by supercritical fluid chromatography/mass spectrometry.
Bamba T, Lee JW, Matsubara A, Fukusaki E.
J Chromatogr A. 2012 Aug 10;1250:212-9. Epub 2012 May 28.
PMID: 22709604 [PubMed - in process]

 

2011

52) 超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いたメタボリックプロファイリングの食品科学への応用
内方崇人,松原惇起,福崎英一郎,馬場健史
生物工学会誌,2011, 89(10), 602-605

51) メタボリックプロファイリングによる食品/生薬の品質評価
津川裕司,小林志寿,馬場健史,福崎英一郎
化学と生物,2011. 49(10),683-688

50)Systems biology in a commercial quality study of the Japanese angelica radix: toward an understanding of traditional medicinal plants. 
Am J Chin Med. 2011;39(4):757-77.
Katoh A, Fukuda S, Fukusaki E, Hashimoto T, Hayasaki T, Kanaya S, Komura H, Nomoto K, Shojo M, Takeno KJ.


2010


49) Matsubara, A., E. Fukusaki, and T. Bamba, Metabolite analysis by supercritical fluid chromatography. Bioanalysis, 2010. 2(1): p. 27-34. 
[PubMed]


2009

48)米谷力,池田達彦,福崎英一郎;「メタボリックプロファイリング手法による緑茶の品質予測」(Bio Industry 2009年10月号 特集 バイオクラスター(新産業創出と産学官連携の新たな挑戦));Bio Industgry,26巻10号,28-32(2009) 

47)福崎英一郎;「メタボロミクスの可能性と現状」;LC talk, 73巻7号2頁(2009) 

46) Bamba, T. and Fukusaki, E. "Separation of hydrophobic metabolites using monolithic silica column in high-performance liquid chromatography and supercritical fluid chromatography." J Sep Sci. 32, 2699-2706 (2009)  Epub date 2009/07/15  [Pub Med]

45) 原田和生,福崎英一郎;「光合成研究法」第3章 単離・精製・活性測定,(1)代謝産物の定量,(a) CE/MSを用いた陰イオン性代謝産物の定量, 低温科学,第67163-168 (2009) 

44) 蓮沼誠久,原田和生,三宅親弘,福崎英一郎;「光合成研究法」第3章 単離・精製・活性測定,(1)代謝産物の定量,(b) 安定同位体標識を利用した動的代謝物プロファイリング, 低温科学,第67169-174 (2009)

43) Yoshihisa Nakazawa, Takeshi Bamba, Tuyoshi Takeda, Hirotaka Uefuji, Yoko Harada, Xuehong Li, Ren Chen, Sumihiro Inoue, Masafumi Tutumi, Toru Shimizu, Yin-Quan Su, Koichiro Gyokusen, Eiichiro Fukusaki and Akio Kobayashi; “Production of Eucommia-rubber from Eucommia ulmoides Oliv. (Hardy Rubber Tree)”; Plant Biotechnology26(1), 71-79 (2009)  [J-Stage]

42) Kazuo Harada and Eiichiro Fukusaki; “Profiling of primary metabolite by means of capillary electrophoresis-mass spectrometry and its application for plant science”, Plant Biotechnology26 (1), 47-52 (2009)  [J-Stage]

41)馬場健史,福崎英一郎;「メタボロミクスの実際の運用に向けて -メタボロミクスの技術動向と可能性-」;未来材料,9巻,2号,52頁‐59頁(2009

 

2008

40)松原惇起,下西成人,中澤慶久,平田収正,小林昭雄,福崎英一郎,馬場健史;「超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析による脂質プロファイリング」;Jasco Report2008年超臨界流体クロマトグラフィー特集号,9-15頁(2008

39) 福崎英一郎;「メタボロミクスの定量性とデータマイニング」;ぶんせき,200810号,530頁‐535頁(2008

38) 福崎英一郎;「メタボロミクスの基礎技術開発と応用」;生産と技術,60巻,2号,1-3頁(2008

 

2007

37) 福崎英一郎;「メタボロミクス(代謝物総体解析)の食品工学への応用」;生物工学,85巻,11号,488-491頁(2007) [生物工学会誌]

36) 福崎英一郎,原田和生;「植物メタボロミクス技術の新展開」;バイオサイエンスとインダストリー,65巻,10号,498-5042007

35) 馬場健史,福崎英一郎;「超臨界流体クロマトグラフィーを用いた疎水性代謝物の分離分析」;J. Mass Spectrom. Soc. Jpn.,55(3) 193-199 (2007) [J-Stage]

34) 福崎英一郎,馬場健史;「メタボロミクス(代謝物総体解析)の原理と食品工学への応用」;FFIジャーナル,212巻,5号,380-3882007[FFIJ]

 

2006

33) 福崎英一郎:「質量分析を用いた定量的メタボローム解析に関する技術的問題」;細胞工学,25巻,12号,1415-1420頁(2006

32) Bamba, T. and E. Fukusaki (2006). "Technical problems and practical operations in plant metabolomics." Journal of Pesticide Science 31(3): 300-3004. [J-Stage]

31) 福崎英一郎;「メタボロミクスの可能性と技術的問題」; 生物工学,84巻,231-2342006) [生物工学会誌]

 

2005

30) 福崎英一郎,小林昭雄;「質量分析計を用いたメタボロミクスの現状と可能性」;化学工業,20059月号724-733頁(2005

29) Fukusaki, E. and Kobayashi, A. Plant metabolomics: its potential on practical operation. J. Biosci. Bioeng., 100(4), 347-354.(2005). [Pub Med]

28) 福崎英一郎,佐藤文彦,小林昭雄;「セミナー室:植物におけるRNAi研究-2 メタボリックプロファイリングと代謝工学」;化学と生物,43巻,4号,257-262頁(2005年)

27) 福崎英一郎;「植物代謝工学に資する基礎技術に関する研究」;生物工学会誌,83巻(2号),79-86 (2005年)

 

2004

26) 福崎英一郎,馬場健史,小林昭雄,「植物メタボロミクス研究の展望」;日本農芸化学会誌,78巻,10号,973976頁(2004年)

25) 福崎英一郎,馬場健史,小林昭雄,「植物メタボロミクスの可能性と技術的問題」; BIO INDUSTRY, 21巻,55-682004年)

24) Richard N. Trethewey著,福崎英一郎訳;「Industrial Metabolic Profiling」;BIO INDUSTRY 21巻,41-472004年)

23) Itoh, Y. and E.-i. Fukusaki, “DNA as a "nano-material". J. Mol. Cat., 28, 155-166 (2004) [Science Direct]

 

2003

22) 伊藤嘉浩、福崎英一郎;「機械だけで作る抗体:アプタマ-」;BIO INDUSTRY20巻、7号、68-762003年)

21) 小林昭雄、福崎英一郎、安忠一;「ウツボカズラの栄養獲得機構」;化学と生物、41巻2号,102-109 (2003年)

 

2002

20) 安忠一、福崎英一郎、小林昭雄;「食虫植物の食虫機構」;植物の生長調節、37巻、2号、139-1452002年)

19) 福崎英一郎、小林昭雄;「生理活性物質を認識するDNAアプタマ-SELEX法による取得」;Bioベンチャー、2巻、5号、93-99 (2002年)

18) 福崎英一郎、小林昭雄;「機能性高分子としてのDNA」;化学と教育、50巻、8号、568-571 (2002年)

17) 藤原伸介、福崎英一郎;「特殊環境場での酵素反応(疎水環境、超臨界流体環境中での耐熱性酵素による反応)」;現代化学、20029月 14-20 (2002年)

16) 馬場健史、福崎英一郎、中沢慶久、小林昭雄;「トチュウの産生するトランス型ゴム」;バイオサイエンスとインダストリー、60巻、7号 30-33 (2002年)

15) 福崎英一郎、小林昭雄;「PCRによる新機能DNAの創出」;化学と生物、40巻、7号、439-443 (2002年)

14) 福崎英一郎;「植物におけるC1化合物の生理機能に関する研究」;植物の生長調節、37巻、1号、13-22 (2002年)

13) 福崎英一郎、小林昭雄、伊藤嘉浩;「試験管内選抜でDNAナノデバイスをつくる」;現代化学、20022月 38-44

 

 

 

2001

 

12) 福崎英一郎、小林昭雄;「SELEX法による核酸アプタマ-の取得」;日本生物工学会誌;79巻、9号、350-3542001年)

11) 福崎英一郎、小林昭雄;「コンビナトリアルバイオエンジニアリングへの誘い(PCRを用いたシステム)」;化学、56巻、9号、38-43頁(2001年)

 

1998

10) 小林昭雄、福崎英一郎;「植物の持つ潜在的罹病抵抗性能」;日本農芸化学会誌、72巻、646-652頁(1998年)

9) 福崎英一郎、小林昭雄;「植物における活性酸素障害とその防御機構」;植物の化学調節、33巻、137-147頁(1998年)

 

1997

8) Fukusaki, E. and S. Satoda, "[Review] Application of lipase-catalyzed transformation for syntheses of insect pheromone and related compounds." J. Mol. Cat. B: Enzymatic2: 257-269.(1997) [Science Direct]

7) 里田史朗、千田修治、福崎英一郎;「昆虫フェロモンの合成と害虫防除への応用」;化学と生物、35巻、35-40頁(1997年)

 

1996

6) 福崎英一郎;「抗体触媒によるカチオニックシクロプロパン化」;化学、51巻、530頁(1996年)

 

1995

5) 福崎英一郎,千田修治;「フェロモンの利用の現状と問題点」;酵素工学ニュース(1995年)14頁‐15

 

1993

4) 山田靖宙、福崎英一郎;「酵素反応の不斉合成への応用」;化学と生物、31巻、531-536頁(1993年)

 

1992

3) 福崎英一郎;「リパーゼを利用した有用物質の大量合成」;酵素工学ニュース(1992年)16-20

2) 福崎英一郎,中薗豊,千田修治,湯浅博之,小俣哲夫;「有機合成への酵素反応の応用」;日東技報,30巻(2号)1頁‐15頁(1992年)

1) 福崎英一郎;「リパーゼを用いた光学分割の昆虫フェロモン生産への応用」;有機合成化学協会誌、50巻、838-843頁(1992年)

 

 

Comments